あまり物を無くしたりしないけど・・・AirTagを買ってみた

AirTagとはAppleが作った紛失防止タグです。普段から持ち歩いている家のカギやお財布、カバンなどにAirTagを取り付けておくと・・・いざ無くしてしまったときにiPhoneの「『探す』アプリ」から簡単に探し出すことが出来るという商品です。自慢じゃないんですが今までの人生で一度も家のカギと財布を無くしたことがないんですよね。だから自分的にはAirTagあまり必要じゃないんですが、一方で自分の母親はよくカギとか財布を無くします。母親にプレゼントしようかと思ったんですがまずは自分がAirTagについて説明できないと教えてあげられないなぁと思ってAirTagを購入してみました。

目次

紛失防止タグとは

¥3,800 (2021/07/22 02:22時点 | Amazon調べ)

家のカギやお財布をどっかに置き忘れてしまったことはありませんか?いくら探しても見当たらない、何処で落としたんだろう。そんなときに役に立つのが『紛失防止タグ』と呼ばれる小型のデバイスです。紛失防止タグを絶対に無くしては困るもの……例えば家のカギとかお財布につけておくと、いざという時にスマートフォンから位置を特定して探し出せるかもしれません。

紛失防止タグ『AirTag』はAppleがこの世に初めて生み出した革新的なデバイスって訳ではなくて、MAMORIOやTileといった有名な紛失防止タグが既に存在してますので・・・いわば後発品です。

忘れ物よくするから紛失防止タグ買おうかな・・・って思ってる人が今あえてAirTagを買うべき理由を挙げるとすれば以下の通りになります。

  • スマホでiPhoneを使ってるなら同じApple製品ということで相性の良いAirTagを使うべき
  • 日本ではAndroidよりiPhoneユーザーが圧倒的に多いので落とし物を見つけられる可能性が高い

開封の儀と初期設定

ほとんどの人が興味ない開封の儀
AirTagのラッピングを剥がすと通電するのでiPhoneに近づけると設定が開始します
この辺はAirPods(AirPods Pro)などと一緒の挙動ですね
AirTagがApple IDに紐付けられます。090で始まる電話番号はおじさん(おばさん)らしいです
何にAirTagをつけるかを選ぶ画面

AirTagを何につけるかを選ぶ画面です。今回はカギにつける予定なので「鍵」を選びました。iCloudに登録してるユーザー名が山田太郎なら「太郎の鍵」という識別名がつきます。この名前はあとで「探す」アプリから変更が可能です。

設定完了画面

ここまで来たらAirTagの設定は完了です。設定が完了したらあとは鍵にAirTagをつけるだけ。

▲鍵につけるならこれとか。

▲カバンなどにつけるならストラップタイプのコレがオススメ。

AirTagの基本的な使い方

家の中でどこにあるか分からない時

「探す」アプリから簡単にAirTagを鳴らせる
  • iPhoneの「探す」アプリからAirTagの音を鳴らすことが出来る
  • 「Hey Siri」と話しかけて「カギを探して」「財布を探して」というと・・・音を鳴らしてくれる

外出先でどっかに落とした時

赤の他人(iPhoneを含むApple製品ユーザー)があなたのAirTagの側を通りかかったとき、AirTagのBluetoothを通りかかった人のiPhoneが受信したらiCloud上でAirTagの位置情報が記録されるので、あなたのiPhoneから「探す」アプリでおおよその位置を確認できる。おおよその位置が分かったらあとはマップアプリでその場所までナビゲートしてもらうことも可能です。さっき昼ご飯食べた吉野家で置き忘れたのかな?って推測することも可能ですね。

iPhone 11以降だと正確な場所をナビゲートしてくれる

Apple公式サイトより

AirTagの位置情報から大体の場所は分かったけど、音を鳴らしてみてもなかなか発見できないときは・・・「正確な場所を見つける」機能が役に立ちます。iPhone 11以降の「正確な場所を見つける」機能に対応した超広帯域対応モデルのiPhoneがあれば、あなたの無くした財布や鍵、カバンまでの距離と進むべき方向を正確にナビゲートしてくれます。

たっくま

残念ながら僕の持ってるiPhone SE 2020(2020年発売の第2世代)ではこの機能が使えません

たっくま

(´・ω・`)

たっくま

(´;ω;`)ブワッ

AirTagのセキュリティーとプライバシー

AirTagがストーキングに使われない仕組み

AirTagはセキュリティーとプライバシーを重要視して設計されています。AirTagの位置情報は暗号化され、AirTagの所有者にしか分からないようになっており、AppleにすらAirTagの位置情報は分かりません。またAirTagが安易なストーキングツールに使われないように二重のプライバシー設計がされています。

AirTagのストーカー防止機能

  • AirTagが持ち主の元を8〜24時間離れるとランダムな間隔でAirTagからアラーム音が鳴ります
  • 持ち主不明なAirTagが知らないうちに自分の近くにある場合・・・スマホの通知にお知らせが来る

例えばあなたのカバンに持ち主不明なAirTagが入れられたとします。これは誰かにストーキングされてる可能性もあるので怖いですよね。その場合でも「AirTagが持ち主の元を離れて8時間すると以後〜24時間までの間でランダムにAirTagからアラーム音が鳴る」仕様のお陰で隠しAirTagに気がつけるはずです。またあなたのiPhoneの「探す」アプリから『AirTagがあなたの近くで見つかりました』と通知が来ます。

その通知に従ってAirTagの追跡を無効化することも出来るんですが、1番手っ取り早い無効化手順はAirTagの電池を引っこ抜くことです。コレが一番簡単な方法ですね。

iPhoneユーザーでAirTagには興味が無いって人もたくさんいると思いますが、そんな人でもAirTagとはどんなもので、ひょっとしたらストーキングに悪用される可能性もあるということ、もし自分のスマホにAirTag関連の通知が来たらどうしたら良いか、AirTagに関する最低限の知識は頭に入れて置いた方が良いと思います(特に女性)

AirTagが想定しない用途では使えない

AirTagは人や動物のトラッキングではなく、所有物を無くしたときに追跡できるための道具として設計されているので例えば以下のようなケースではあまり役には立たないでしょう。

×:車内にAirTagを忍ばせて自動車盗難防止

車泥棒がiPhoneを使っていたら泥棒のiPhoneあてに「AirTagがあなたの近くで見つかりました」と通知が行きますし、AirTagの持ち主から8時間〜24時間以上離れるとAirTagからアラーム音が鳴るので・・・バレちゃいます。またAirTagはGPSを内蔵してるわけではないので・・・高速移動時の正確な位置情報を知るのは難しいです。車が停止してるときにAirTagのBluetoothを拾える範囲内にたまたまiPhoneを持った人が通りかかったらラッキーかな?って感じです。万が一の盗難時に役に立ったら儲けものだと思って、駄目元で設置するのならありかもしれませんが、ボタン電池搭載のAirTagを夏場高温になる車内に放置しておくのはどうなのかな?って考えるとあまりオススメしません。

役に立ちそうなケースだと大型ショッピングセンターの巨大駐車場に車を駐車したときに「あれ、どこに車を停めたかな?」って分からなくなる事ってありません?そんなときにAirTagが車の中にあれば・・・メチャメチャ助かりそうです^^

×:子供のカバンにAirTagをつけて防犯用途に

子供の防犯用途にAirTagを使いたいって言う人もいると思います。AirTag発売当初は持ち主の元を離れて3日経つとAirTagからアラームが鳴る仕様でしたが、さすがにこれは鳴るまでに時間がかかりすぎるということで・・・現在ではAirTagが持ち主の元を離れてから8時間過ぎたら、以後24時間までの間でランダムなタイミングで鳴る仕様に変更されてます。仮に8時間で鳴ってしまうと子供が学校にいる間にAirTagから音が鳴り響いてしまうので、そうなると子供に持たせ続けるのは難しいでしょう。子供の防犯用途にはApple Watchの利用が推奨されてます。

同じような用途として飼い犬や飼い猫の首輪にAirTagをつけて、万が一ペットが行方不明になったとき用のペットトラッカーとしての役割を期待する人も多いと思われます。コレに関しても飼い主さんが仕事で8時間以上家を留守にする場合などアラームが鳴ってしまう可能があり、その音がペットのストレスになることを考えると難しいかも。家に留守がちな旦那さんのiPhoneにAirTagを紐付けずに、家庭を守ってる奥さんのiPhoneに紐付けるなどの工夫が必要そうです。

AirTagはどんな人に向いてるか?

なくしものや落とし物、置き忘れをよくする人

財布や家の鍵など・・・無くしちゃうととても困るものを「探しやすくする」ツールがAirTagです。忘れっぽい人はAirTagがあるともしもの時の安心感が違います。安心感は1個あたり3800円で買えるんです。4個セットだと12800円なんでお得ですね。4個もいらないよっていう人は家族で分け合えば良いと思います。

1つのApple IDあたり16個のAirTagしか紐付けられません

iPhoneユーザーな人

お使いのスマホがiPhoneならば紛失防止タグはMAMORIOやTileなどの競合他社製じゃなくて、同じApple製品であるAirTagを使った方が幸せになります。連携や使い勝手がスムーズでストレスを感じないからです。

僕なんか最初はAndroidユーザーだったのにいつの間にかiPhoneユーザーになっていて、気がついたらMacやらApple WatchやらAirPodsProやらAirTagやら所有してる・・・まんまとAppleのエコシステム戦略にしてやられてます。

iPhone持ってるならAirTagを使う方が快適

AirTagはどこで買うべき?

AppleStore

  • AirTagの本体に刻印できるのが一番のメリット。AirTagをあなたらしく。ただし4文字までしか入らないみたいです。
  • 14日以内なら返品無料
  • 分割支払い可能(paidy、オリコショッピングローン)
  • デメリットとしては定価販売で割引など一切無しというところですかね?

Amazonなどの通販サイトで購入

¥12,800 (2021/07/21 10:31時点 | Amazon調べ)

例えばAmazonだったら値段は定価販売でも、2021/07/21現在で5%ポイント還元されるので、ポイント還元分おトクです。少しでも安く買いたいならAmazonなどの通販サイトや家電量販店で買った方が良さそうです。

AirTagを他人に譲渡するには

STEP
iPhoneの探すアプリから該当のAirTag登録を削除する
「持ち物を削除」でApple IDとAirTagの紐づけが解除される

あなたのApple IDからAirTagの紐づけを削除してやる必要があります。やり方は簡単でiPhoneの探すアプリ上で、例えば「太郎の鍵」のAirTag情報を削除してやればOKです。

紐づけを削除するときになるべくiPhoneとAirTagがBluetoothの通信圏内にいるように「近くに置く」ことを心がけてください。

iPhoneとAirTagがBluetoothの通信圏外の時に(遠くにあるときに)紐づけを解除してしまうとAirTagに情報が残ったままになり、新しくAirTagの所有者になった人がAirTagを使えません。この場合はAirTagを初期化してやる必要があります。

  1. Apple IDからAirTagを削除
  2. AirTagの初期化

メルカリなどで売るときは念には念を入れて1と2を両方した方が良いと思います。

STEP
AirTag自体を初期化する

かなり手順がややこしいのでApple公式サポートページをよく読みながらチャレンジしてみてくださいね。

この記事のまとめ

AirTagを買って鍵につけてから1週間ぐらいになりますが、まだ家の中で鍵を無くしたことも外出先で鍵を落とした事もないので「ありがたみ」は分からないのですが・・・万が一落としたときのお守り代わりとしてかなりの安心感があります。「Hey Siri、鍵はどこ?」って言えば鍵に付いたAirTagを鳴らしてくれるのでそれだけで頼もしいですね。iPhone 11以降の「正確な場所を見つける」機能に対応した超広帯域対応モデルのiPhoneじゃなくてもAirTagは役に立ちそうです。

これならはじめから1個じゃなくて4個セット買っておけば良かった。たぶん4個もいらないので親にお裾分けすると思いますが。おそらく近いうちに4個セット買い足すと思いますw

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

MacとかiPhoneとかApple製品が好きですが、Windows、Android、Alexa、Google Nest Hubなどいろんなガジェットが好き。根っからのキャッシュレス派で、最近は資産運用(株式投資・投資信託)に力を入れてます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる