taccuma note

Windows 10でスタートメニューが表示されない時に試してみたいトラブルシューティングツール

Windows 7からWindows 10に無料でアップグレードしてまぁまぁ快適に使わせてもらっているけど、稀に変な不具合に遭遇することがあります。例えばスタートメニューをクリックしても表示されなかったり、一瞬だけ表示されてすぐに引っ込んだり。ふだんWindows 10を入れているノートパソコンはクラムシェルモード(外付けモニターと外付けキーボードをつなげて常に閉じた状態で使うこと)で使ってるので、こういった不具合が起こるとスリープも再起動もままならないので困ってしまいます。

まぁこの問題が起こったときは「Control+Alt+Delete」のショートカットから再起動すれば治るんですが、ちょいちょい頻繁に起こって困ってる人は公式のトラブルシューティングツールがあるらしいので試してみましょう。

Microsoft公式サポートからツールをダウンロードして実行

Microsoftのサポートサイトから専用のツールをダウンロードします。
上の図の赤枠部分をクリックするだけでダウンロードが開始します。

トラブルシューティングツールをダブルクリックで起動させる。
ちょっと時間がかかります。

次へをクリック。

とくに問題が無い場合はこんな風に表示されて終わりです。
閉じるでツールを終了させて終わりです。

今回は問題が検出されなかったのですが、試しに「詳細情報の表示」をクリックして詳しい内容を確認してみます。

スタートメニュー回りのトラブルに関して考えられる問題4つを調べて、問題が無ければこんな風に「問題がありません」と表示されます。問題が見つかれば、このトラブルシューティングツールが自動修復してくれるわけですが、今回は見つかりませんでした。

この記事のまとめ

窓の杜さんのTwitterで「あるある!へぇ~こんなツールあるのか!」と思って試してみましたが、問題見つからず残念。というか最近スタートメニューが開かない問題起こって無かった(;^ω^)

Windows 10でスタートメニューやCortanaさんが開かない問題に遭遇されたら、取り敢えずショートカット「Control+Alt+Delete」から再起動してみてから、このトラブルシューティングツール試してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

コメント

コメントは管理人の承認後に公開されます...

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

おすすめ

タグクラウド

カテゴリー