taccuma note

Apple Watch Series 3セルラーモデルを買ってみた

Apple Watchが世の中に登場したのは今から約3年ほど前になりますか。Apple Watchが世に出た当初はそこまで欲しいとは思っていませんでした。学生時代こそ腕時計をしてはいましたが、「時間を確認する」という用途ではスマホがあれば充分なので、もうかれこれ何年もわざわざ腕時計をするということはありませんでした。そんな僕がApple Watchが欲しいなぁと思い始めたのは、去年のApple Watch Series 3の発売からです。

去年発売されたApple Watch Series 3は1番の特徴としてiPhoneがなくてもLTEでどこででもつながるということですね(GPS+セルラーモデル)。iPhoneを持たなくてもApple Watchさえつけておけば電話や簡単なメール、LINEが受けられる、コンビニで腕をかざせばApple Payによって支払いができる、ウォーキング中やランニング中にAirPodsを使ってアップルミュージックをストリーミング再生することができる。これらのメリットは腕時計にまったく興味のない僕にとって大きな衝撃でした。

とてもApple Watchが欲しくなった僕ですが、1番のネックはその値段の高さです。今までの時計に全く興味のなかった僕なので、腕時計に5万も6万も使う勇気がどうしても出ませんでした。しかしApple Watchがどうしても欲しかった理由の1つがありまして、私事になりますが去年体調を大きく崩しまして、いやがおうでも健康管理に気をつけなければならないということになったんですね。Apple Watchがあればきっと運動嫌いな僕でもウォーキングをしたりランニングをしたりという習慣がつくのではないかと考えたのです。

とは言う物のやはりApple Watchの値段が気になりApple StoreのカートにApple Watchを入れてはキャンセルをする(取り消す)そんなことを繰り返していました。でも今年の春、ついに購入手続きを進めてしまったんですよね。ということで、この記事ではそんな清水の舞台から飛び降りる想いで購入したApple Watch Series 3のレビューをお届けします。

まずはApple Watchを買って何がしたいかを明確にイメージする

ただ単に時間だけを知りたいなら安い腕時計で事が足りますし、iPhoneがあれば腕時計さえ必要が無い人も多いです。自分がApple Watchを買って何がしたいか、どんな風に日常生活が便利になるかを明確にイメージ出来ないまま購入してしまうと・・・Apple Watchはただの無駄遣いになります。今からApple Watchが欲しいなぁと思う人は、まずApple Watchを買ったあとの使い方を明確に想像してみましょう。

運動を記録する

健康のためにランニングやウォーキングを日課にしている人にとって、一番知りたい情報はなんだろうか?ランニングだったら走った距離や時間が知りたい。ウォーキングするなら歩いた距離や歩数が知りたい。これらの情報が今日の頑張りを表してくれるひとつの目安になります。

もちろんiPhoneでも距離や時間、歩数などをトラッキングして記録出来ますが、ランニングやウォーキングにできるだけ身軽な格好で行きたいですよね?そんなとき最新版のApple Watchだけあれば、重たいiPhoneをもたずしてすぐにランニングやウォーキングにいけます。

距離や歩数だけならアプリを起動せずとも勝手に記録してくれますが、もう少し詳しくデータを記録して見える化したいならApple Watch内のワークアウトアプリを起動してから運動しはじめる。ウォーキングやランニング、サイクリングなど運動の種類が結構たくさんあるので・・・最適なモノを選んでスタートさせよう。

  • 運動した時間
  • 消費カロリー
  • 心拍数
  • 距離
  • ラップタイム(1キロあたりの時間)

運動中にApple Watchを見ればいつでもこれらの情報を確認できるので、ウォーキングやランニングも楽しくなります。

iPhoneのヘルスケアアプリへこれらの情報は自動的に記録されるので、自分が日々どれくらい体を動かしているのか?それが可視化されることになります。

健康に意識を向けさせる仕組み

Apple Watchでは日頃から運動する習慣が無い人でも健康に気をつけるように意識付けしてくれるような仕組みが用意されています。それがアクティビティリングです。

  • 赤色がムーブ
  • 緑色がエクササイズ
  • 水色がスタンド
赤色のムーブはアクティブ消費カロリーを表していて、初期設定では340キロカロリーになっています。仕事で歩き回ったり階段の上り下りであったり、家での家事育児だったり、能動的に動き回っているときにこの赤色のムーブリングが進んでいきます。普段からアクティブに生活を送っている人にとっては初期設定の340キロカロリーは低すぎるので、ムーブゴールを変更することが出来ます。340キロカロリーが難しい人は数値を下げて・・・簡単すぎる人は数値を上げてみましょう。
緑色のエクササイズは早歩き以上の運動を30分以上おこなうとリングを閉じることが出来ます。毎日30分早歩き以上の運動をすると脳卒中、心疾患、糖尿病、体重増加のリスクを最小限に抑えることが出来るそうですが・・・普段から運動する習慣が無い人にとってこのエクササイズリングを閉じることはかなり難しいです。

僕の場合、早歩きで1キロの距離を頑張って歩くと・・・だいたい15分かかります。1キロを早歩きで15分って結構しんどいですよ。ひぃひぃぜぇぜぇ言いながら15分後にはグッタリです。2キロ30分ぶっ続けで早歩きするのはかなり辛い。1キロ15分早歩きを1日に2回おこなわないと緑色のエクササイズリングは閉じません。

水色のスタンドリングは実は閉じるのが一番簡単です。人間座りっぱなしは一番健康に良くないって言いますよね。1時間ぐらい座りっぱなしだとApple Watchがそろそろ立ち上がって少し動き回ろうぜって教えてくれるので、ちょっと気晴らしにジュースを買いに行ったりと1分ぐらい歩けばOKです。起きている時間が12時間だと仮定して、1時間に1回立ち上がって1分以上歩き回れば1カウント進んで、12回カウントが進めば・・・水色のスタンドリングは見事きれいに閉じます。

Apple Watchが健康のためにこのアクティビティリングを閉じろ、もっと頑張れと定期的に通知を出して叱咤激励してくれるわけです。ちなみに、僕はApple Watchを買ってひと月半ぐらいかな?まだ一度も3つのリングがきれいに閉じたことがありません。健康のためにApple Watchを買ったのに・・・もう少し頑張らないと(汗)このアクティビティリングについてもう少し詳しく知りたい方はアップルの公式サイトに分かりやすい解説があるので・・・是非ご覧になってください。

Apple Watch – リングを完成させよう – Apple(日本)

Apple WatchでApple Pay

iPhone 7発売以降劇的にApple Payが普及しました。iDやQUICPay、Suicaが使えるお店ならApple Payが使えます。僕もiPhone 7に変えてからすぐにApple Payを使い始めて・・・今ではApple Payが使える場所では現金を使いません。Apple Payを使い始めてから銀行でお金を下ろす機会が劇的に減りました。

  • ローソン、セブンイレブン、ファミリーマートなどのコンビニ
  • UNIQLO
  • マツモトキヨシ
  • すき家
  • AEONやAEON系列のスーパー
  • ガソリンスタンド

僕がApple Payを使うところは大体この辺です。クレジットカードに比べたらApple Payが使えるお店はまだまだ少ないですが、それでも少額の買い物にクレカを使うのに抵抗があった人、セキュリティ的に赤の他人(店員さん)にカードを見せる(渡す)のが嫌だった人にとってはApple Payは救世主になりました。

クレジットカードもってないからApple Pay使えないんじゃない?って思うかもしれませんが、dカードプリペイドやau WALLETなどクレジットカード決済の仕組みを利用したプリペイドカードも一部Apple Payに登録して使えます。そういえばau WALLETとじぶん銀行の口座をリンクさせるとApple Payに登録したau WALLETプリペイドカードの残高が不足しているときにじぶん銀行口座から自動的に不足分をプリペイドにリアルタイムチャージするサービスが2018年の春に誕生しました。イメージとしてはApple Payでデビットカードみたいな使い方が可能になりました。僕も1回コンビニで明らかに残高不足のau WALLETプリペイドをApple Payとして使ってみましたが・・・今までだと残高不足なら決済エラーで終わりだったのが、一瞬でじぶん銀行の口座から不足分だけチャージされて・・・コンビニでは何事も無く決済が完了しました。auユーザー&じぶん銀行に口座がある人でクレジットカードをApple Payに登録したくない人はぜひぜひau WALLETとじぶん銀行の連携試してみてください。

さてさて話はそれましたがiPhoneでApple Payすごい便利なんですけど、ときどきカバンやポケットからiPhoneを取り出すことすら面倒なことがあります。そんなときApple Watchがあれば、腕をかざすだけなんでとても楽チン。iPhoneに比べたらApple Watchをもってる人はかなり少ないので、近所のコンビニ店員さんに「Apple Watchが来た」って変なあだ名をつけられてそうな気もしますね(汗)Apple WatchでApple Payを初めて使う時はとても緊張したんですけど(失敗したらどうしようとか)慣れてきた今ではiPhoneでApple PayするよりApple WatchでApple Payする方が圧倒的に多くなってしかも楽です。

右利きの人はたいてい腕時計は左腕にするもんですが、Apple WatchをJRのSuica改札でも頻繁に使う人は右腕にApple Watchをした方が幸せになれるみたいです。(改札の右側にリーダーがあるので)

ちなみに、iPhoneでApple Payに登録したクレジットカード類はApple Watchにどうやって反映させるのか?これはとても簡単で、Apple Watchの初期設定はiPhoneのWatchアプリでおこないます。初期設定の手順の中でApple Payの項目があり、その中でiPhoneのApple Payに登録したクレジットカード類が自動的に表示されます。これはApple Payの情報がiCloudと紐付いてるからです。Apple WatchでApple Payを使うためにはクレジットカードの裏側に書いてある3桁のセキュリティコードが必要になりますが、それさえ間違いなく入力できれば・・・Apple WatchでiPhoneと全く同じようにApple Payが利用出来るようになりますよ。

Apple Pay – Apple(日本)

コンビニなどでApple WatchをつかったApple Pay支払いがごく稀に無反応で支払いが出来ないことがあります。そういったときは1度Digital Crown(竜頭/リューズ)を押してApple Watchをホーム画面(文字盤)に戻してから再びサイドボタンをダブルクリックしてApple Payを呼び出してみてください。

Apple Watchをコンビニの電子マネーリーダーにかざしたのに反応しないと恥ずかしさから少しパニックになるというか、店員さんとの間に気まずい空気が流れます(笑)いままで何回かそういった事象に遭遇しましたが全てこの方法で解決しています。

Apple Watchで電話やメール

今は昔と違って音声通話は定額カケホーダイの時代なので、電話魔の人や付き合いはじめたカップルなんかにとっては良い時代ですね。僕は昔若い頃彼女の声が聞きたくて毎日電話して何時間もしゃべってたらその月の通話料が8万円超えたことがあります。今考えても恐ろしいです(´;ω;`)

さてさてそんな電話をかけたり、かかってきたりが頻繁にある人・・・Apple WatchがあればWatch上で電話を受けたりかけたりできます。もちろんApple Watch上で電話を受けたりかけたりするときはスピーカー状態なので相手の声が周囲にスピーカーで聞こえてしまうので注意してください。彼女のいない自分はあんまり電話をかけたりかかってきたりすることがないため、まだ数回しかApple Watchで電話試したことないのですが・・・近未来的SFチックで便利です。頻繁に電話の受けかけをWatch上でしたい人はAirPodsがあるとスピーカーフォン状態にならないので便利ですよ。

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A
Apple Computer (2016-12-14)
売り上げランキング: 9

またiPhoneに届いたメールやメッセージ、LINEの中身を確認して返信することも可能です。Apple Watchの画面は小さいのでiPhoneのフリック入力みたいなことは出来ませんが、スタンプや定型文、音声入力で返信が出来ます。iPhoneで音声入力を使っている人は分かると思いますが音声入力は普通の人が思っている以上に変換精度が高いので、短い文章なら音声入力の方が楽チンだったりしますよ。

Apple Watch Series 3(GPS+セルラーモデル)なら、家にiPhoneを置いてランニングやウォーキングに出かけても・・・かかってきた電話をApple Watchだけでうけて話すことやができますし、メールやメッセージやLINEの返信も可能です

Apple WatchだけでApple MUSICをストリーミング再生する

Apple Watch Series 3(GPS+セルラーモデル)ならLTEが内蔵されているのでiPhone無しでApple MUSICをストリーミング再生出来るようになりました。

今まででもアルバムやプレイリストを同期しておけばiPhone無しで再生できましたが、Apple Watch Series 3(GPS+セルラーモデル)でApple MUSICユーザーであれば(ペアリングしているiPhoneが側に無くても)Apple Watchから自分のミュージックライブラリにアクセスできるのでアルバムやプレイリストを同期してるかしてないか特に意識すること無く音楽をストリーミング再生出来ます。

Apple MUSICは月額980円だけど初めての人は3ヶ月無料なのでApple Watchを買ってしまった人はついでに試してみた方が良いかも。いまは月額制(サブスクリプション)の音楽配信サービスってたくさんありますよね。一番人気はSpotify。Spotifyは広告付きの無料版を愛用してる人もたくさんいると思います。無料版を含めたらSpotifyが音楽配信サービスの最大手。二番手がApple MUSICだそうで……

Apple Music、有料会員数が4000万人突破!サービス開始から3年足らず、Spotifyを猛追 – Engadget 日本版

Apple MUSICがスタートした頃に半年ぐらい使ってたんですが、Amazon Prime Music(プライム会員は100万曲聴き放題)で良いかな・・・と思って解約。去年AmazonのスマートスピーカーAmazon Echo Dotを買ったときAmazon Music Unlimitedを3ヶ月ぐらい使ってました。Amazon Music Unlimitedは月額980円で4000万曲ぐらい聴き放題ということでApple MUSICとほぼ同等なんですが、プライム会員だと780円なのでお得感がありました。お得なのは間違いないのですが、Apple MUSICと比べるとユーザーインターフェイスが微妙で曲が探しづらい、4000万曲聴き放題のわりには意外と聴きたい曲が見つからないという不満があって・・・3ヶ月でまたPrime Music(プライム会員は100万曲聴き放題)に戻ったわけです。自分はどちらかというと音楽が無いと生きていけないというタイプでも無く、最新の音楽シーンを常に追い求めてるタイプでも無く、どちらかといえば60年代から90年代ぐらいのむかし流行っていたお気に入りの曲をプレイリストに入れてヘビロテするのが主で、ジャズやクラッシックも多少たしなむ程度に聞く感じのライトな音楽愛好家なので・・・Prime Musicで必要十分な感じだったんです。

けど今年の春にApple Watch Series 3のセルラーモデルをせっかく買ったので・・・久々にApple MUSICを再開してみたというわけ。やはりApple MUSICはUIやUXが良いし聴ける音楽がたくさんあるので、自分がもう既に知ってる音楽をヘビロテするばかりでは無く・・・まだ聴いたことの無い音楽との出会いを楽しみにしながら毎日使ってます。日本の音楽業界は閉鎖的なのでなかなかApple MUSICみたいな定額制音楽配信サービスに楽曲を開放しませんが、つい先日Apple MUSICにもMr.Childrenの歌がやってきた!ミスチルなんてもの凄い久しぶりに聴いたけど・・・やっぱり良い歌は良いなぁ。

耐水性能の強化で広がる活用シーン

一般的にApple Watchは防水対応したから自由度が広がったと思われがちですが、あくまでApple的には耐水性能を持ち合わせている時計だと言いたいみたいです。

  • Apple Watchをつけたまま運動して時計に汗がついてもいい
  • Apple Watchをつけたまま手を洗ってもいい
  • Apple Watchをつけたまま雨の中を出かけて時計が雨に濡れてもいい

Apple Watchはこれらの防沫性能と耐水性能を備えていて、一般的な生活防水性能があるということです。

加えて、Apple Watch Series 2以降の製品ではプールや海での使用も可能になりましたし、シャワーもOKです。

だだしこの辺には注意が必要な点がいくつかあって、Apple Watchは防水機能ついてるから大丈夫だろうと油断してると壊れてしまいかねないことになりうるので用心してください。

  • 水に浸すことは可能になったがあくまでもプールや海など水深の浅いところでの使用に限る
  • 水圧の強い環境下で使わない
  • シャワーでは石鹸やシャンプー、洗剤がかからないようにする

水深の深いところや水圧の強い環境下ではApple Watch内部に水が入る恐れがあるから。石鹸やシャンプーや洗剤は、Apple Watchの耐水性能に支障をきたす恐れがあるから。

Apple Watchには防沫性能と耐水性能を備えていてプールでも使えるんだから水なんてヘッチャラだとApple Watchをつけたまま家事の水仕事やシャワーにと使っていたら壊れそうな気がして、僕はまだそういったケースでは時計を外してます。手を洗うときですらApple Watchをわざわざ外してから。

手書きで解説 今さら聞けない「Apple Watchでできること」 (2/4) – ITmedia PC USER

でもApple Watchは家事に育児に忙しい主婦にこそ使われるべきアイテムなんだろうね。そんなに神経質になる必要も無いのかもしれないけどまだ買ったばかりだし、いざ修理となったらApple Store近くに無いし面倒だからね(;´Д`)2年ぐらい使ってそろそろ充電がもたなくなってきたなぁと感じてきたら、ちょっと手荒に扱ってみようかと今は思ってますw

どのApple Watchを買うべきか?

Apple Watchは値段がピンからキリまでありまして、上を見たらキリがありません。エルメス版なんか高級ブランドなのでもちろん高いです。本体がセラミックのApple Watch Editionも高い・・・歯の治療でもセラミック選ぶと保険ききませんよね?(笑)

ここではごく一般的な「Apple Watch欲しいなぁ」と思ってる人が「どれにしようか迷うポイント」を3つに絞って簡単に解説してみようと思います。

GPS版かセルラー版か?

2017年発売のApple Watch Series 3からセルラー版が追加されました。セルラー版はApple WatchにLTEが内蔵されているので、iPhoneが側に無くても電話を受けたりかけたり出来ます。メールやLINEの送受信やiPhoneに届く通知も全部受けることが出来るので・・・家にiPhoneを忘れたまま出勤してしまったとしてもその日一日そんなに困ること無く生活が出来てしまいます。(Apple Payも使えるし)

  • セルラー版の方が値段が高い
  • ドコモ、au、ソフトバンクユーザーしか使えない(格安SIMユーザーはダメ)
  • 毎月ドコモは500円、auとソフトバンクは350円余分にお金がかかる

三大キャリアユーザーで、お金が許すならセルラー版を買った方が幸せになれることは間違いない。ランニングやウォーキングに出かけるときにApple Watchさえあれば何も要らないからね。でもiPhoneをもたずに出かけるなんてことは無いよね・・・って人はGPS版で十分だと思います。

アルミかステンレスか?

重いズッシリとした時計が好きな人と、軽くて装着感が良い時計が好きな人と人それぞれ好みがあります。Apple Watchには本体の素材にアルミを使ってるのか、ステンレスを使ってるのかで値段が変わってきます。

アルミの利点は圧倒的に軽いこと。常に身につけておく時計ですから、重量の問題はとても大事で・・・特にウォーキングやランニングなどのワークアウトでApple Watchを活用したい人にとっては軽いアルミモデルがベストでしょう。

一方でステンレスモデルはアルミより値段が高くズッシリと重たいですが、傷がつきにくいという最大の利点があります。特にステンレスモデルの盤面のガラスにはサファイアクリスタルが使用されており、アルミモデルのIon-Xガラスよりも圧倒的に傷がつきにくい。多少値段が高くて重たくても傷がついて欲しくないって人はステンレスモデルが良いです。

僕はいま現在iPhone 7を使ってるんですが、iPhone 7 Plusと迷ったとき最終的に軽さでiPhone 7を選びました。常に使う物は軽さを重視するタイプなのでApple Watchはアルミモデルにしましたよ。単純にステンレスモデル買うほどお金が無かった・・・(汗

38mmか42mmか?

Apple Watchは盤面の大きさで38mmと42mmのツーサイズがあります。単純に女性だから(腕が細いから)38mmで男性だから(腕が太いから)42mmを選んだという人が圧倒的に多いと思いますが、試着が出来るなら試着してから選んだ方が良いと思います。

僕は「スマートウォッチは普通の時計より出来ることが多いから画面が大きい方が使いやすいだろう」と42mmを選びましたが、いざ使い始めてみると38mmで良かったかな?と思いました。理由は「Apple Watchは思っていたほど出来ることが多くなかったから」です(笑)Apple WatchはiPhoneと比べたらやっぱり画面が小さいし出来ることが限られます。Apple WatchとiPhoneの両方で出来ることがある場合、やっぱりiPhoneでした方が早い。そうなってくると必然的にApple Watchに求めることは絞られてきますし、その求めることは38mmの画面サイズでもそんなに苦労しなさそうだなと。

そうはいうものの・・・やっぱり42mmの画面サイズの方が指で操作しやすい(ミスタッチしにくい)のは間違いないですよ。僕は腕が細いし、軽さを重視するタイプなので38mmでも良かったかな?と思った次第です。

まとめ

今の時代スマートフォンが無いと不便ですが、Apple Watchは本当に必要でしょうか?ほとんどの人にとってはiPhoneさえあれば事が足りるので無理に買う必要は無いです。今のところApple Watchは完全にiPhoneの代わりになるものではないからです。

しかしあなたが今の自分の健康に気をつけたいと思ってるなら、Apple Watchを買っても損はしないと思います。Apple Watchはけして安い買い物ではないですが、健康のために買うのであれば割に合うと思います。

iPhoneでも歩いた距離とか歩数などを自動的に記録してくれますが、今の心拍数は分かりません。Apple Watchは心拍数を常にモニターしてるので、異常があればApple Watchが警告を出して教えてくれるから体の異変に気づきやすい。

僕は今のところ心拍数の異常を警告されたことがないのですが・・・万が一出たときはこれらのニュースを思い出して病院に行こうかと思います。

さてさて今年の秋にもApple Watchの新型が出るかも?というウワサがありますね。個人的にはApple Watchに血圧測定機能がついてくれると嬉しいんですが。ウワサの新型を待つのも良いし、新型が出てから値下げされた今のSeries 3を買うのも良し。どうせApple Watchを買うならついでにAirPodsも揃えることをオススメします。Airpodsも今年中か来年にはAirPods 2が出るとのウワサが。Apple WatchもAirPodsも買うタイミングが難しいですが・・・欲しいときが買い時だと思います!

この記事をシェアする

コメント

コメントは管理人の承認後に公開されます...

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

おすすめ

タグクラウド

カテゴリー