taccuma note

WiMAX2+、速度制限を3日で3GB以上から3日で10GB以上に緩和(2017年2月2日より)

UQコミュニケーションズが展開しているモバイルデータ通信サービス「WiMAX 2+」の速度制限の発動要件が来年から大幅に緩和されるそうです。現行「3日3GB」で速度制限が発動されますが、来年2017年2月2日から「3日10GB」と3倍超に。WiMAX 2+ユーザーの自分にとってはとっても気になるニュースなので、自分なりに整理しながらまとめてみました。

現状のWiMAX 2+を復習

速度制限中のWiMAX 2+の速度

参考までに速度制限中のWiMAX 2+のスピードテストを3回ほどやって、その結果を載せてみました。WiMAX 2+では前日までの過去3日間における合計通信量が3GBを超えてしまうと……翌日の昼過ぎから速度制限が発動します。速度制限は最短24時間です。速度制限の発動要件はあくまで「前日まで過去3日間の合計通信量が3GBを超えたら」なので、速度制限後も調子に乗ってバンバン使ってるとズーッと速度制限中ということもあり得ますw

速度制限中の速度は当初、YouTubeの標準画質が視聴できる程度(1Mbps)と言われていましたが、2015年の大騒動で暫定的にYouTubeのHD画質が視聴できる程度(5Mbps)に緩和措置がとられています。速度制限中の速度はあくまで1Mbpsだけど、今は期間限定特別に出血大サービスで5Mbpsぐらい出るよ!って事です。

  • 3日で3GB以上使うと速度制限に突入
  • 速度制限は3日3GBを超えた翌日の昼過ぎから翌々日の昼過ぎぐらいまで丸一日
  • 速度制限中の速度は現在暫定的にYouTubeのHD画質が見られる程度(5Mbps程度)

現状速度制限中の速度が「YouTubeの標準画質が見られる1Mpbs程度」から「YouTubeのHD画質が見られる5Mpbs程度」に暫定的に緩和されています。5Mpbsって光に比べたら遅いですが、ADSLに慣れてたひとにとっては十分な速度。

ひとり暮らしでWiMAXの電波独り占め出来るような状況だと、速度制限中でも「あれ、速度制限されてるのかな?」って気がつかないことも多いです。速度制限中にサイズの大きいファイル(たとえばOSやソフトのインストーラーなど)をダウンロードするときはかなりストレスが溜まりますので、制限されてないときにダウンロードすることをオススメします。しかし速度制限中でも動画はHD画質で視聴可能なのでAmazonのプライム・ビデオをみたり、動画学習サイトで動画を見ながら勉強したり、そんな時でもそんなに不便を感じることは少ない。まれに電波の調子が悪い時間帯とかで動画の読み込みが出来ないときもありますが、ごくたまに程度で許容範囲。

したがって、ネットで動画を頻繁に見る人はズーッとエブリデイ速度制限中って人もいると思いますが、それでもあまり困らないのが今のWiMAX 2+です。

速度制限されてないときのWiMAX 2+

参考までに速度制限にかかっていないときのWiMAX 2+のスピードテストをやってみました。早いですね。これがWiMAX 2+の実力。もちろん使う時間帯や、場所によっても左右されますが・・・自分の自宅にいるときで速度制限にかかってないときは、だいたいこれくらいの速度が出ます。無印のWiMAX使っているときは常に一桁台、良くて10数Mbpsだったので……さすがWiMAX 2+って感じの速さです。

2017年2月2日からのWiMAX2+

来年の2月からWiMAX 2+が変わります。主な変更点は以下の3つなので、WiMAX 2+ユーザーはキッチリとおさえておきましょう。

  1. 【朗報】3日10GBに大幅緩和
  2. 【朗報】速度制限される時間が丸一日から、帯域が混雑する夜6時〜午前2時の時間帯のみに緩和
  3. 【悲報】速度制限中のスピードが1Mbpsに

【朗報】3日10GBに大幅緩和

速度制限の突入条件が3日3GBから3日10GBへと大幅に緩和されます。これは本当に朗報ですよね。WiMAX 2+ルーターを家の回線代わりに使ってる人にとっては3日で3GBって結構あっさり超えちゃいます。動画をちょっと多く見過ぎたり、Apple MUSICで一日中音楽を聞き流してしまったり、macOSやXcodeのインストーラーなんて5GB前後ありますから。

それが来年から3日で10GBとなると……よほど動画を見まくったり、重たいファイルをダウンロードしまくらない限りなかなか速度制限には入らないのではないでしょうか?

【朗報】速度制限される時間が丸一日から、帯域が混雑する夜6時〜午前2時の時間帯のみに緩和

いまは3日で3GB以上使うと翌日の昼から丸一日24時間速度制限されます。翌日まだ3日3GB超えていた場合はまた24時間速度制限されます。速度制限なんか気にせずにバンバン使っていると、1年365日ずーっと5Mbpsに制限される。

2017年2月からは3日で10GB以上使うと翌日のネットワーク混雑時間帯(午後6時〜翌午前2時)だけ速度制限が実行される。今はいったん速度制限に入ると最低でも24時間続くけど、来年の2月からは夜の8時間だけに短縮される。18時から02時までは速度が遅くなって、それ以外の時間帯は速度が落ちない。

【悲報】速度制限中のスピードが1Mbpsに

2017年の2月からWiMAX2+は速度制限の突入条件が「3日で3GB以上使ったとき」から「3日で10GB以上使ったとき」に大幅に緩和され、速度制限がかかる時間も丸一日からネットワークが混雑する夜の8時間のみに大幅緩和されます。しかし、、、ひとつだけ改悪ポイントがあって・・・

速度制限中の通信速度が、今のYouTubeのHD画質が見られる程度(5Mbps前後)からYouTubeの標準画質が見られる程度(1Mbps前後)に大幅悪化します。

これはいまの特別な暫定措置が来年の二月に終わるだけなんですが、いま現在の「速度制限が発動しても5Mbps出る」という環境に慣れきってるので、来年からの「速度制限中の1Mbpsという速度」はちょっと考えるだけで恐ろしいですね(汗)

言い方を変えると、速度制限期間中は毎日夜の6時から翌午前2時まで1Mbpsに規制され、それ以外の時間は通常通りの通信速度が保証されるということ。

1Mbpsってベストエフォートですから、実際はこれよりも下回る可能性もある。TwitterやFacebook、LINE、ニュースなんかはそれほど困らないかもしれないけど、画像が多いサイトとか普段から重いサイトなんかは流石に辛いかな?それにYouTubeのHD画質に慣れてる人が速度制限中にYouTubeの標準画質で我慢できるか?って話です。(速度制限中は動画の視聴はあきらめましょう)

あ、でもWiMAX 2+って規制中でもブーストが効きます。速度制限中にスピードテストしてみると分かるんですが、初速スピードはMAXの速さ?が出て、だんだんと規制中の速度へと落ちていくから・・・「1Mbps」と聞くと「エーーー」って思うけど、実際はそんなにストレスは感じないかもしれません。

この記事のまとめ

来年の春にWiMAX 2+の2年縛りが切れるので、どうしようかなぁと思っていたのですが・・・このニュースを聞いて「もう2年WiMAX 2+でも良いかなぁと思いました。いまは3日3GBは結構頻繁に超えちゃうんですが(笑)、これまでのWiMAX 2+の使い方から考えると……3日で10GBなら滅多に超えることが無さそうです。OSのアップグレードとか、Xcodeなんかのサイズの大きいアプリをダウンロードを立て続けにするとするときはあっさり10GB超えますけど、頻繁にそんなサイズの大きいファイルをダウンロードすることも無いし。プライム・ビデオやHulu、Netflixなんかで一日中動画を垂れ流すこともなく、動画なんてよく見ても週に1,2本なので。

仮に3日で10GB以上使ってしまって速度制限に突入すると、夜の6時から深夜の2時の間は1Mbpsなのでこの時間帯はかなりストレスが溜まるのは間違いなさそうです。でもその時間帯さえ避ければ日中は快適なスピードでWiMAX 2+をつかえるので、上手に使えば速度制限期間中も快適にWiMAX2+を使えるんじゃないでしょうか。

この記事をシェアする

コメント

コメントは管理人の承認後に公開されます...

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

おすすめ

タグクラウド

カテゴリー

関連記事&スポンサーリンク