taccuma note

Apple IDに2段階認証を設定してセキュリティを高める!

apple_id-1
パソコンはWindows、スマホはAndroidの僕にとってApple IDなんて・・・たまにiTunesで音楽買うときに使うだけのものでしたから、そこまで重要なものではありませんでした。しかし、一ヶ月ほど前にMacBook ProとiPad miniを衝動買いしてしまった今の僕にとっては・・・Apple IDはとても大切なものに!Apple IDには色々大切な情報が紐付けされ保存されているので・・・出来るだけセキュリティには気を使いたい。不正アクセスなんてもってのほか。

ちょっと調べたらApple IDにも2段階認証設定が出来ると言うことなので・・・
さっそく設定してみました。

設定方法

apple_id-2
Apple IDに2段階認証を設定するには…Apple IDを新規作成&管理するページ(My Apple ID)に行ってログイン後、設定します。

2段階認証についての概略や、大体の設定方法についてはAppleの公式ドキュメントを参照してください。

ワンポイント

Apple IDの2段階認証設定は他のGoogleやEvernoteの2段階認証設定とほとんど同じですが、多少違うところがあるのでその辺を解説します。

すぐに2段階認証設定をセットアップできない

Apple IDの2段階設定をセットアップしようとしても必ず3日間待つ必要があります。第三者が勝手に2段階認証設定を開始してないか?の確認という…セキュリティ上の理由で3日間待つ必要があるらしいのですが・・・じれったい仕様ですねw

3日経つと「用意が出来たからMy Apple IDにログインしてセットアップを開始しろ!」って感じの英語メールが送られてきます。

もちろんGoogle認証システムアプリは使えませんw

Google認証システムアプリは2段階認証の確認コード取得にとても便利でしたが、このApple IDに対しては使えません。

信頼できるデバイスにiOSデバイスを追加していれば「iPhone を探す」の通知機能にて、iOSの画面上に確認コードが表示されてSMSを受信するより便利です。

この記事のまとめ

WindowsからMacユーザーに、iPadユーザーになったことで・・・Apple IDの重要性が増しました。iCloudに大切なデータを保存してる人、クレジットカード情報をApple IDに紐付けしてる人などは特に2段階認証設定をした方が良いと思います。最初の設定までが面倒ですが、いざ設定してしまえばそこまで面倒でもありません。自分自身の安全、安心のために是非この機会に設定してみましょう!

この記事をシェアする

コメント

コメントは管理人の承認後に公開されます...

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

おすすめ

タグクラウド

カテゴリー