taccuma note

Windows 10 Anniversary Update をクリーンインストールしてみました

Anniversary Update後のバージョンは1607

2016年8月2日にリリースされたWindows 10の2回目となる大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update」はみなさんもうインストールしてみましたか?この「Anniversary Update」ですが、一応Windows Updateで配信されるんですけど……

「Windows Update」を通じてAnniversary Updateが最初に提供されるのは、最新のハードウェア、BIOS、ファームウェアを使用するユーザーになると聞いている。ドライバに起因して互換性の問題が生じる可能性のあるユーザーには、Windows Updateによる配信は少し先になるかもしれないと筆者の情報筋らは述べている。

「Windows 10」大型アップデート、ついに配信開始 – CNET Japan

ということで、Windows 7からの無償アップデートでWindows 10にしたオンボロノートパソコンにはなかなかAnniversary Updateは降ってきませんでした。Windows Update経由でなかなか来ない人は手動でこちらからAnniversary Updateを手動でアップデート可能なんですが、まぁまぁ・・・そんなに焦ることも無いと思って気長に待ってました。

続きを読む

一年近く悩んでnasneを買いました

nasne

ここ一年ぐらいズーッとnasne欲しいなぁと思っていたのですが、つい先日思い切って買ってしまいました。nasneとはなんぞやってところなんですが、簡単にいってしまうと…家のルーターに接続することで、パソコンやスマホでテレビが見られる&録画が出来る機械です。

続きを読む

2008年製のVista搭載ノートパソコン(Lavie LL750/L)をWindows 10にしてみた

Windows10がリリースされてそろそろ1年。Windows7やWindows8.1だと一年間限定ですが無料でアップグレード出来るとあってWindows10にチャレンジしてみた人も多いはず(もうそろそろ無料期間終了しますね)。まぁ10にしたくも無いのに勝手に(知らない間に)アップグレードされて大問題になってましたがw

さて、今回2008年製のWindows Vista搭載ノートパソコンLaVie L(PC-LL750LG)にWindows10をインストールしてみました。簡単なスペックを列記してみると……

  • CPUはCore 2 Duo
  • メモリは2GB
  • HDDは160GB

ということで、当時としては標準的なスペックで使いやすいノートパソコンでした。しかしメモリ2GB&HDDということで……SSDに慣れてしまった今となっては、かなり動作がもっさりで使うのもストレスが溜まります。OSであるVistaのサポートも2017年4月11日までということで、ChromeもVistaのサポートを早々に打ち切ってしまったし、このままの状態で使い続けるのも辛い。かといって売っても二束三文だし、まだ使えそうなので捨てるのも勿体ない。ということで・・・

やや年季の入ったVista搭載のノートパソコンにWindows10をインストールしてみることにしました。Windows7やWindows8.1だと無料でWindows10にアップグレード出来ます(2016年7月29日まで)が、このパソコンはVistaなので対象外。自腹でWindows10を購入する必要があります^^

続きを読む

zshにしたらbrewコマンドもvagrantコマンドも使えなくなった時の対処法

command not found

Mac使い出して2年も経つのに、未だに黒い画面が怖いわたくし。黒い画面にもうちょっと慣れ親しむ必要があるなぁと思いまして、意を決してbashから離れて最強のシェルと呼ばれる?zshを使い始めました。まずは純正のTerminalよりも便利に使えるターミナルエミュレータiTerm2なんかを入れました。そもそもMacにはデフォルトでzshが入ってますが、バージョンが古いのでHomebrewでバージョンの新しいzshをインストールし、oh-my-zshなんかも入れてゴニョゴニョしてテーマも変えたら……あら、とってもカラフルなコマンドライン環境のできあがり。

bashだとあまりにも素っ気なくて黒い画面がどうしても好きになれそうに無かったけど、これならきっと好きになれる…そんな気がしてウキウキしていたんですが、問題が発生。zsh環境に移行したら、brewコマンドもvagrantコマンドもまったく効かなくなりました。

% brew doctor
zsh: command not found: brew
% vagrant up
zsh: command not found: vagrant

ヽ(д`ヽ)。。オロオロ。。(ノ´д)ノ

bashの時は普通に使えていたのに…なぜにcommand not found?
初心者なのにエラー出さないでよ(´;ω;`)

ということで、頑張って調べて自力で解決してみました。

続きを読む

Sublime Text3のAutoFileNameで画像ファイル補完時に幅と高さが挿入されない時の対処法

AutoFileNameのパス補完デモ

MacのOSをEl CapitanにクリーンインストールしてからはSublime TextをインストールせずにAtom使ってきたのですが、やっぱりSublime Textの方が軽いので併用しようかなと。Sublime Text3をインストールして環境構築し直してます。

AutoFileNameとは画像などのファイルへのパスを補完してくれる便利なパッケージです。Sublime Textユーザーなら使ってる人多いんじゃないでしょうか?このAutoFileNameで画像ファイルのパスを補完したら自動的に画像のwidthとheightも補完してくれるハズなんですが…なぜかパスだけ補完されてwidthとheightが補完されません。ちょっと不便なので対処方法を調べてみました。

続きを読む

メーカー製Windows7搭載ノートにWindows10をクリーンインストールしました

windows10のシステム

去年の夏、2015年7月29日にリリースされたWindows10ですが、みなさんはアップグレードしましたか?Macでは既にOSの無償アップグレードが当たり前になってきましたが、MicrosoftではWindows10リリースに合わせて史上初、Windows7以上のユーザーは1年間の無償アップグレードが出来るとあって、我先にと人柱覚悟のアップグレードした人もいると思います。

このブログでもだいぶ前に紹介したことがあるAmazonで買ったレノボ製のWindows7Homeノートパソコンを、Windows10リリース直後に上書きインストールしてみました。結果は散々で、分けの分からないエラーは出まくるし、設定アプリは開かないし、Edgeも起動しないし・・・まともに使えなくて、結局バックアップしていたWindows7に戻す羽目に。

もう二度とWindows10なんて使わないぞ!おれはWindows7で生きていくんだと心に決めていたんですが、先日ふと暇だったのでもう一度Windows10のインストールにチャレンジしてみました。

続きを読む

Atomのオススメ拡張5 autocomplete-paths編

Atomのautocomplete-paths

GitHub製のテキストエディタAtomを使っているとき、例えばhtmlファイルに画像を挿入するさいに・・・普通だとパスの補完が効かないので、画像ファイルのパスを手打ちで入力しないといけません。これがものすごく面倒だし、打ち間違いもありえるので・・・そんなときのためにautocomplete-pathsというパッケージ(拡張機能)をいれましょう。

続きを読む

El Capitanのステータスバーにあるアイコンが毎分おき?にズレて気持ちが悪い件

El Capitanのステータスバーに並んでるアイコンが一瞬ズレることがある

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。2016年最初の記事はEl Capitanについて。去年の年末に図らずもMacBook ProをYosemiteからEl Capitanにクリーンインストールしました。特に大きな不具合、不満点もないのですが・・・ひとつ気になることが。

画面右上のステータスバー、常駐アプリのアイコンがズラーッと並んでいると思いますが・・・そのアイコンが毎分ごと?に一瞬ズレるんですよ。毎分は言い過ぎかもしれませんが、数分おきに…分の変わり目(60秒目)にガクッと左にアイコンがずれます。言葉で説明するのは難しいんですけど(;´∀`)

続きを読む

1 / 15123...

最近の投稿

おすすめ

タグクラウド

カテゴリー